メニュー

腰を反らすと痛む腰痛 - 練馬区上石神井のフェニックス鍼灸治療室

治療案内
治療案内

ブログ「フェニックスのあれこれ」

日々の出来事、健康に関する事をブログにアップしたいと思います。

腰を反らすと痛む腰痛

作成日:2016年05月10日(火)

腰痛でもいろいろなパターンがあり腰を反らすと痛む腰痛も珍しくありません。
タイプとして大きく2つに分けられ一つは年配の方に多い背骨の変形によるものです。

腰の骨は本来後ろから見てやや前に沿っているものが年齢とともに

徐々に垂直になったり後ろに沿ってしまう事があります。
いわゆる変形性脊椎症といわれるもので一度変形した背骨は戻る事はありません。

背骨の動きも悪くなり同じ姿勢や体を反らすと痛みが生じます。

背骨の変形の原因は多くは椎間板という背骨と背骨の間にあるクッションの役割をしている組織の

水分が減少し背骨と背骨の間が狭くなることより生じます。

また年齢とともに腹圧が下がるようになり骨盤も後傾します。

骨盤が後傾し下腹が出るような姿勢になると背骨も前述のように本来の姿の逆の後ろに沿ってしまいます。

そして上体の背骨も前かがみになってしまいます。

残念なことにこのままでは頭も下がり下しか向けません。

この体勢を補正するためにあ顎を上あげ視線を水平に保ちます。

また重心が前よりになるため手を後ろで組むなど

いゆるご年配特有のつらい姿勢になります。

生活習慣の違いからか以前より極端な変形している年配の方は見かけなくなりましたが

以前上記のような背骨の変形により腰痛で悩まれてる方は少なくありません。

多くの方は身体を前に倒すより後ろに反らすと痛みや筋肉のこわばりを強く

訴えられます。

そして、ひどくなると歩いていると足に痛みが出たりする脊椎管狭窄症といった症状にもつながります。

急激な治療は禁物で脊椎周りの筋肉をほぐす事により痛みが緩和されたり消失したりします。


もうひとつは背骨の変形からきてない筋肉や背骨の関節の動きの悪いタイプの腰痛です。

長時間立っていたりすると腰の筋肉が凝ってくるような感じがして

身体を後ろに反らすと背骨の際が痛んだり

時に坐骨神経痛を併発することもあり予断をゆるしませんが

これらは背骨よりの深い場所が原因の事が多く指圧 マッサージよりも

鍼治療が効果を表します。
腰痛の中でも比較的治りやすい部類に入ります。

腰を後ろに反らすと痛む腰痛でお悩みの方はご相談ください。

 

関連記事

ぎっくり腰

 

 

 

 西武新宿線 急行停車駅上石神井駅徒歩2分

腰痛 肩こり 神経痛でお悩みなら

練馬区 上石神井で開業24年のフェニックス鍼灸治療室へ

 

お電話の予約はこちらから03-3594-2273

 

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはLINEで24時間受付中です。

ライン