メニュー

生理痛とふくらはぎのだるさ - 練馬区上石神井のフェニックス鍼灸治療室

治療案内
治療案内

ブログ「フェニックスのあれこれ」

日々の出来事、健康に関する事をブログにアップしたいと思います。

生理痛とふくらはぎのだるさ

作成日:2016年05月07日(土)

 練馬区上石神井で凝りと冷え取り専門治療院のフェニックス鍼灸治療室です。

 

 

 生理痛と言えば腹痛や腰痛に加え 

肩こり 頭痛 吐き気などもあります。

 

そして生理前 生理中にふくらはぎのだるさや痛みとむくみで

 御来院頂く方も少なくありません。

 

 

7b0bdf57ddfc053e27d272d42bae7991 s

 

生理前にはホルモン分泌の影響により 

足がだるくなったり、

体内環境が変わるため水分代謝が

うまくいかなくなりムクミがでたりもします。

肩こりをはじめ全身の筋肉が固く凝るような

 感じになり痛みを感じます。

 

人によってはふくらはぎだけでなく

 太ももや腕全体が張ったり

 肩こり頭痛など様々です。

 

その中でふくらはぎは

 身体を支える一番下の場所でもあり

 身体の重力を一番受けやすくなります。

 

 膝からの下の筋肉では

 スネの前側に前脛骨(ぜんけいこつきん)という固い筋肉と、

 後ろ側にあるふくらはぎの柔らかい筋肉があります。

 

ふくらはぎは柔らかく重力を受けやすく

 ムクミやすく、

 生理により血流不全を起こす事により

 血液が留まってしまい

 だるさやむくみが強くなります。

 

 

 

0cc6674c36eaf65abf38e1bcbc854139 s

 

 

生理痛の症状がひどければひどい方ほど

身体の冷えが強いく

普段の肩こりや身体の疲れも強いです。

普段あまり冷え性体質でない方は、

 

やはり生理痛もひどくないようです。

生理痛によるふくらはぎのつらさは

 

明らかに血流不全のためです。

 この場合強いマッサージより全身の

 血液を温め血流を良くすることは

 非常に効果的です。

 

しかし、いざ生理痛となると

 マッサージなど受けに行く気力も

 なくなりませんし、

 ご自身でやる気力もわかないはずです・・

 

 

 

22b40db3556f730d9f7ef50c13c141dc s

 

ふくらはぎをご自身でマッサージするのは

 大変です。

 

でも温めるだけなら

 

簡単な方法があります。

 大き目の湯たんぽを2つ用意します。

 座布団などの上に乗せ

 片足ずつ、ふくらはぎを乗せて

 タオルなどで脛から下の足全体を

 かぶせるだけです。

 

ポイントは2つ

 

少し足を上に上げる事

 

大き目の湯たんぽ(レンジで温める物でも可)

 

時間は15分から20分位です。 

ふくらはぎを全体的に温めます。

 

 

ふくらはぎは身体の変化をとても受けやすい場所です。

 

冷えやすく

 むくみやすいです。

 言い換えれば 

温めやすく

 足が細くなりやすい

 場所でもあります。

 

当院の治療でも

 以前は足首から先だけ

 温めていましたが

 ふくらはぎを全体的に温めて

 前腕から先も同時に温めると

 

DSC 1653

 

身体の血流がとてもよくなり

 身体がほぐれやすくなっています。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生理痛とふくらはぎのだるさでお悩みの方はご相談ください。

 

 

関連記事

 

温灸マッサージについて

 

ふくらはぎの症状

 

ふくらはぎの肉離れ

 

ふくらはぎがつる

 

ふくらはぎの痛み痺れ 坐骨神経痛

 

 西武新宿線 急行停車駅上石神井駅徒歩2分

腰痛 肩こり 神経痛でお悩みなら

練馬区 上石神井で開業24年のフェニックス鍼灸治療室へ

 

お電話の予約はこちらから03-3594-2273

 

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはLINEで24時間受付中です。

ライン