メニュー

生理痛とふくらはぎのだるさ - 練馬区上石神井のフェニックス鍼灸治療室

治療案内
治療案内

ブログ「フェニックスのあれこれ」

日々の出来事、健康に関する事をブログにアップしたいと思います。

生理痛とふくらはぎのだるさ

作成日:2016年05月07日(土)

 生理痛と言えば腹痛や腰痛で苦しまれてる方が多いですが

生理前 生理中にふくらはぎのだるさや痛みとむくみで御来院頂く方も少なくありません。

生理前にはホルモン分泌の影響によりだるくなったり、

体内環境が変わるため水分代謝がうまくいかなくなりムクミがでたりもします。

肩こりをはじめ全身の筋肉が固く凝るような感じになり痛みを感じます。

人によってはふくらはぎだけでなく太ももや腕全体、肩こり頭痛など様々です。

 

生理痛の症状がひどければひどい方ほど身体の冷えが強い方が多いようです。

普段あまり冷え性体質でない方は、やはり生理痛もひどくないようです。

 

生理痛によるふくらはぎのつらさは明らかに血流不全の事が多いです。

この場合強いマッサージより全身の血液を温め血流を良くすることは

非常に効果的です。

当治療室の温灸マッサージでは 最初にお腹を温めます。

冷えてる部分ふくらはぎやつま先をあたためても身体の中心部分を

温めないと全身が温まることはありません。

全身の血管が集まるお腹を温めることによって

始めて足や腕に行く血流が温めることができます。

 

頭寒足熱ではなく頭寒腹熱(ずかんふくねつ)です

 

お腹を温めた後にふくらはぎを温灸マッサージします。

ふくらはぎはお腹と同じく冷えやす場所でもあると同時に

温めやすい場所でもあります。

ふくらはぎは大きく3つにわけられます。

足首の上アキレス腱付近 ふくらはぎの内側 ふくらはぎの外側

この中で足首周辺がふくらはぎの冷えやだるさの大きなポイントです。

内側や外側に比べ足首周辺は非常に血行が悪い場所です。

また冷えや婦人科疾患のツボも多く集まっている場所でもあります。

足首周辺の血流を良くしないと足先までの血流が滞るのは当然の事です。

足先が冷えてるといって足先だけ温めても解決しないのはこのようなことからです。

足首周辺は通常の温熱療法だと、ふくらはぎの内側や外側に比べやや温めずらい場所ですが、

温灸マッサージが最も得意とする場所で温灸器で温めながら熱をもみこむ手技で温めることが可能です。

そしてふくらはぎの内側と外側は筋肉リンパが豊富なため容易にふくらはぎの筋肉を温め緩めることができます。

温灸マッサージの施術中にだるさやむくみが引いていくこともめずらしくありません。

 

生理痛によるふくらはぎの だるさ むくみ 冷え 痛みでお悩み方は

 

温灸マッサージをお試しください!

 

 

関連記事

 

温灸マッサージについて

 

ふくらはぎの症状

 

ふくらはぎの肉離れ

 

ふくらはぎがつる

 

ふくらはぎの痛み痺れ 坐骨神経痛

 

 西武新宿線 急行停車駅上石神井駅徒歩2分

腰痛 肩こり 神経痛でお悩みなら

練馬区 上石神井で開業24年のフェニックス鍼灸治療室へ

 

お電話の予約はこちらから03-3594-2273

 

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはLINEで24時間受付中です。

ライン