メニュー

ふくらはぎの肉離れ - 練馬区上石神井のフェニックス鍼灸治療室

治療案内
治療案内

ブログ「フェニックスのあれこれ」

日々の出来事、健康に関する事をブログにアップしたいと思います。

ふくらはぎの肉離れ

作成日:2015年03月11日(水)

ふくらはぎの症状で内科疾患からの場合は鍼灸 マッサージの対象外となります。

治療対象の一つとしてふくらはぎの肉離れがあげられます。

一般的にはスポーツで強い踏み込みなどで起きる事がありますが、スポーツ以外で普通の日常生活でも起きる事もあります。

スポーツ以外では若い方はあまりなりませんが中高年になると階段を上ったりなどちょっとしたことでも起こす事もあります。私の経験では40~50代の男性に多いような感じがします。

10代でもスポーツ活動が多いとなるようです。

原因は筋肉の柔軟性の低下やその運動の経験不足が主な原因です。

他の運動経験豊富でも違う種目で肉離れを起こしてしまう事も珍しくありません。

症状は軽度 中度 強度と3段階に区分されるようですが実際には堺がはっきりしない事も多いです。

肉離れを起こした瞬間は あれ?なにか当たったかな?とかパチンとキレた音がしたり、かなりはっきりと自覚できます。

場所は大体ふくらはぎの内側が多いです。

軽度ですと見た感じも変化ありませんし、歩くのも足を引きずる程度でなんとかなりますがつま先達になるとかなり痛みます。 

中度ですと歩くのもつらく日常生活に支障が出始めます。翌日あたりに患部が紫色になります。

重度ですと中度以上に症状もひどく松葉杖や強い固定が必要になり肉離れを起こした場所が陥没してきます。

いずれも応急処置としてアイシング 固定 圧迫が必要になります。

痛みがある程度引いたらリハビリに入りますがかなり慎重をようします。

肉離れは回復期の再発が多い障害です。

普通の生活で問題なくてもスポーツや階段を強く上ったりするのは予想以上に筋肉にストレスをかけてしまし再発します。

急性期の炎症期が過ぎると鍼やマッサージはかなり効果的です。

肉離れしてしまった部位をオイルマッサージで筋肉のトリートメントしたり取れにくい痛みの部位は鍼治療が役に立ちます。

適切な応急処置と安静と治療で早期に回復はできるのがふくらはぎの肉離れです。

ふくらはぎの肉離れでお悩みの方はご相談ください。

 

関連記事

 

生理痛とふくらはぎのだるさ

 

ふくらはぎの症状

 

ふくらはぎがつる

 

ふくらはぎの痛みしびれ 坐骨神経痛

 

ふくらはぎのコリとむくみやだるさ 

 

 

 

 

 西武新宿線 急行停車駅上石神井駅徒歩2分

腰痛 肩こり 神経痛でお悩みなら

練馬区 上石神井で開業24年のフェニックス鍼灸治療室へ

 

お電話の予約はこちらから03-3594-2273

 

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはLINEで24時間受付中です。

ライン