メニュー

頭のコリ - 練馬区上石神井のフェニックス鍼灸治療室

治療案内
治療案内

ブログ「フェニックスのあれこれ」

日々の出来事、健康に関する事をブログにアップしたいと思います。

頭のコリ

作成日:2015年03月03日(火)

肩コリに悩まれる方につきものが実は頭のコリです。

頭のコリは不思議とあまり自覚されてる方が少ないです。

 

お仕事で一日中パソコンのディスプレーを見てそれ以外ではスマホを見続ければ肩こりだけでなく目の疲れは必ずあります。

この目の疲れ眼精疲労はとくに頭のコリを作ります。

しかし目の疲れは感じても頭のコリは感じにくいようです。

頭痛でも頭のコリがある場合もありますがやはり頭そのもにコリ感を感じる方は少ないです。

 

頭が凝っている方は頭の骨の上の皮膚を動かずと皮膚の動きがとても少ないです。やはりリンパの流れが悪くなっているのでしょう。

頭の骨にも経絡といわれる、いわゆる多くのツボが沢山存在します。

やはりこのツボとコリの場所は重なります。

 

例えば頭の後の目の真後ろの場所を触ってみてください。少し骨のでっぱりがありその下にくぼみがあるはずです。500円玉位の範囲を指で少し強めに押してみてください。

その範囲の中で特に他の場所と違い強く感じるポイントがあるはずです。

そのポイントを先程より少し軽めに円を描くように押しながらグルグル回します。

2~3分やるだけでそのポイント付近が温かくなったりします。

 このように頭の中にはいろいろなポイントがあります。

通常ですと肩こりの指圧マッサージに加えて頭のコリをほぐしますが、あまりにひどいコリには指圧マッサージだけではほぐれないときもあります。

その場合は鍼治療を行います。

指圧マッサージしたあとにポイントに鍼を刺し少し置いておきます。

不思議なものでより効果を高める事が出来ます。

それでも・・・・・・(笑)コリが取れない場合は

最終兵器として お灸を使わせて頂きます。

頭のお灸の場合 頭の皮膚の上に直接米粒くらいのもぐさをのせます。

熱い!というより熱がしみ込み気持ちいい刺激となります。

一般的なコリの方には使いませんが効果はかなりあります。

 

頭のこりを取ると目の前が明るくなったというお言葉をよくいただきます。

 

肩コリに合わせて頭のこりははずせないポイントです。