メニュー

喫煙とコリの関係 - 練馬区上石神井のフェニックス鍼灸治療室

治療案内
治療案内

ブログ「フェニックスのあれこれ」

日々の出来事、健康に関する事をブログにアップしたいと思います。

喫煙とコリの関係

作成日:2015年02月28日(土)

以前に比べ喫煙者の肩身が狭く煙草をやめる方が多くなりました。

 

実は私も10代(笑)から吸い始めましたが 40歳手前でなんとかやめる事ができました。

それまで一度も止められた事がなかったので、「煙草止められたら人生変わるんじゃないか?」と思っていたくらいですから・・・

そしてある方法でそれほど苦労せずやめられました。

やめた直後はそれほど変化なかったのですが日に日に体調に変化が出始めました。

一番の顕著な症状は血の流れが良くなった感じです。

自分でもわかるくらい顔色が良くなりました。数年経って気が付いたのは腕の血管(静脈)若い時より明らかに浮き出てきたのは驚きました。

若い時面白半分で煙草を吸うと静脈が薄くなるを見て驚いた記憶があります。

他には風邪を全くひかなくなる。食事がおいしい。体調全てが良い方向に向かいました。

まさに人生変わったといってもいい位でした。

歯医者さんは歯周を見ただけで喫煙者かどうかわかるだそうですが、さすがに触ったり指圧 マッサージしても喫煙者かどうかはわかりませんが・・・

喫煙することによって毛細血管が細くなると血流が悪くなり筋肉の疲労物質も溜まりやすくなります、疲労物質がたまれば全身の免疫も下がりコリも改善しにくくなります。

 

コリの改善には指圧 マッサージもそうですが禁煙もしたほうが良いでしょう。