メニュー

打撲による50肩? - 練馬区上石神井のフェニックス鍼灸治療室

治療案内
治療案内

ブログ「フェニックスのあれこれ」

日々の出来事、健康に関する事をブログにアップしたいと思います。

打撲による50肩?

作成日:2014年12月06日(土)

数日前ブラジリアン柔術の練習中に肩を受傷しました。
まだ超初心者なので上手く受け身が取れないのと元々肩は若い時の怪我の後遺症で非常に固いのが原因です。

軽く投げられ床に肩をついた時強い衝撃を受け、すぐに痛みというより強い熱感を感じました。
あっ!やったかな?と思いましたが、幸い骨には異常なく痛みはあるもののゆっくりあれば動くので腱の断裂もなさそうです。
とりあえずアイシングして帰宅しました。
数時間アイシングしたあと温まらない程度に入浴し、入浴し終わった後再びアイシングです。
肩だけでなく受傷した場合数時間経って炎症が強くなる事が良くあります。
就寝中痛みが増強するかと心配しましたがそれほど出ないとこをみるとそれほどひどい受傷ではなさそうです。
そして肩の一部分が触ると非常に痛みます。
どうやら捻ったのではなく打撲したようでした。
捻ったりすると肩の関節内がダメージを受けて強い炎症が起きて50肩に移行してしまう事があります。
もともと肩の後遺症で悩んでいるので、いつかは50肩になるのでは?と思っていました。そして今回の受傷で肝を冷やしましが、どうやら今回は50肩への移行はなさそうです。
むしろもっと強い衝撃だと鎖骨骨折するような打ち身です。
(若い頃より数回鎖骨骨折して未だに後遺症で悩んでいるのがこれです)

とはいえ翌朝から肩の動きが痛みで著しく制限されます。
まさに 打撲による プチ 50肩状態です。
洋服も着替えづらい。歯磨きは出来るものの洗髪はつらい。電車のつり革には掴まれない。洗濯ものは干せない。
一番つらいのは重い物を持つと肩に激痛が走りしゃがみこむほどでした。
肩を真上に上げられないのに加え腕を横に広げる動作も痛みが走ります。
治療の際に使うバスタオルをたたんだりベットに敷く作業は拷問のようでした。
しかし幸いにも押す動作は全く問題ないので一日の治療には差し障りないのは不幸中の幸いでした。
打撲による筋肉の損傷でさえこんなにも動きが制限されるもかと感じたと同時に本当の50肩ならこの状態が数カ月続くわけですからどんなにつらいか・・・
50肩で悩まれてる方の気持ちがわかりました。
そして一日この状態でいると夕方以降になんとなく腕全体が重くなり脇の下あたりになんともいえないけだるさを感じます。
まさに50肩で悩まれてる方の症状です。
自宅では腕の重みがつらいのでテーブルに腕を乗せて重みを逃がしました。
自力で腕を上にあげると痛みがあるので、50肩の体操で良く使う反対の腕で痛む腕の手首をもって上げると痛みがなく上がりわきの下あたりが伸ばされて気持ちがいいです。朝よりは打撲した場所の痛みが減ってましたがアイシングだけしました。
翌朝は明らかに痛みが3~4割位減少してましたが、日常生活はまだ痛みます。一日終わる頃には8割くらいは改善してます。
肩を真上に上げても軽い痛み位です。
翌々朝には動きもほとんど問題なく強い動きをしなければ痛みはありません。
日常生活での痛みはなくなりましたが50肩固有の症状の腕回りがだるかったり肩コリを少し感じます。
格闘技の打撃ならできるかな?と思い軽いシャドーボクシングをしてみると腕をまっすぐ出すストレートやジャブは大丈夫ですが横に打つフックはかなり痛みます。今夜はおとなしくジムは休みました(笑)
そして今日は9割以上痛みが減り明日から格闘技の練習に入れそうです。

今回打撲による50肩に似た症状でしたが幸いにも肩関節の関節内を損傷してないので早期に回復しました。

実際にスポーツや転んだりして50肩に移行してしまう方も少なくありません。
そして上記のような症状が数週間から数か月続きます。
治療も一回づつ改善することは少なく一進一退を繰り返しますが肩の関節周りの筋肉をほぐす事により腕のだるさが消失したり肩コリが消失したりしますので鍼灸 マッサージ治療も一定の効果はあります。

50肩でお悩み方はご相談ください。

 

関連記事

 

40肩と50肩の違い

 

50肩と糖尿病